素敵女子ライフ

素敵女子めざします!!

アラサー婚活事件簿~低スペ女子と結婚した男の末路~

あかりです。

 

実は私,学生時代に軽音サークルに入っていて,卒業移行もサークルのメンバーで定期的に集まってセッションしています。卒業後もセッションしたり,旅行に行ったり,仲の良い私達ですが,結婚を機にパタッとセッションに来なくなり,疎遠になってしまった先輩がいます。その先輩の結婚生活について,悪い噂しか聞かないため,真偽を確かめるため,大学のサークルかつ研究室の2つ上の先輩である俊輔さん(仮名)に結婚生活について話しを聞いてきました。

 

○俊介さんのスペック

W大学大学院理工学研究科卒。

某総合電機メーカーでR&Dに従事。推定年収750万円。

杉浦太陽似の爽やか男子。28歳で結婚し,今年で30歳。

 

○俊介さんの奥さんのスペック

彩香さん(仮名)。都内某Fラン女子大卒。大学卒業後,家業の手伝いと言う名の自宅警備隊に従事後,26歳で結婚。現在28歳。宮地真緒似。

 

f:id:kabuson2427:20190423233747p:plain

lineのやりとり①

f:id:kabuson2427:20190428043231p:plain

lineのやりとり②


○お二人の馴れ初め:マッチングアプリで出会い結婚

俊介さんは,27歳の時に彼女に振られた後,同僚のすすめでマッチングアプリを始めてみたところ,直ぐに彩香さんとマッチング。お互いお酒が好きだったり,食べ物の好き嫌いが合っていたりと何かとフィーリングが合い,2回目のデートで付き合うことに。実は俊介さん,綾香さんと直ぐに付き合うことになったため,マッチングアプリでは綾香さん以外会った人はいないそうです。付き合って直ぐ,二人で旅行に行った際,綾香さんから「真剣に付き合っているなら,両親に合って欲しい」と言われ,翌週,綾香さんのご両親にご挨拶に行く羽目に。。。

その後,綾香さんのペースで結婚の話が進め,気が付いたら付き合って5ヶ月後には結婚していたそうです。

 

 

○結婚後の家事分担

”綾香さんは,実家が不動産会社を営んでおり,そこの事務をしている。”という設定でしたが,結婚後,実はニートだったことが判明。結婚後は当然の如く”専業主婦”に。専業主婦である彩香さんに家事全般を任せるつもりでいた俊介さんでしたが,すぐに喧嘩勃発。

彩香さん:「俊くんは、休みがあって良いね。でも俊くんが土日休んだら、私の休みはいつなの?」

俊介さん:「えっだって専業主婦だし。。。じゃあ,土日ぐらいは俺がやるよ」

こうして、俊輔の家事分担は、土日の料理と犬の散歩になったはずでした。

が,彩香さんの日常は,基本ゲームしているかネットフリックス見ているかで昼夜逆転の生活を送り,家事は全くしなかったそうです。夕方になると俊介さんのスマホ

”何も食べるものないからお惣菜買ってきて”的なラインが入るのが日常だったとか。

 

○『俺は,おまえを飼ってるんじゃない!!』

甘い新婚生活とは,真逆の奴隷生活を強いられてきた俊介さんでしたが,ついに我慢の限界に到達しました。

俊介さん:『俺はおまえを飼ってるんじゃない!!離婚だ。出てけ!!』

彩香さん:「。。。』泣く。。。

その後,彩香さんは少し積極的に家事を行ってくれるようになったそうです。

 

○「赤ちゃん出来た。でも今の環境じゃ,安心して産めないよ」

彩香さんが少し家事をしてくれるようになり,夫婦仲が少し改善した頃,転機が訪れました。彩香さんに赤ちゃんが出来たのです。

「赤ちゃん出来た。でも今の環境じゃ,安心して産めないし,子供なんて育てられないよ」

「食べ物の匂い嗅ぐだけで,吐き気がしてダメ,とても料理なんて出来ない」

 

○奥さんの実家近くに建売住宅購入 

奥さんの強い要望で,神奈川の彩香さん実家近くに約4,000万円の建売住宅を購入しました。ただし,神奈川と言っても,最寄り駅までバスで10分かかる立地で、俊介さんの東京の職場までは片道1時間40分かかるとのこと。

 

○お小遣い:昼食代合わせて2万円生活

ほぼフルローンで住宅を購入したため,俊介さんのお小遣いはお昼代込みで2万円とのこと。このため,俊輔さんは、夕食の残りを自分で弁当に詰めてます(彩香さんの妊娠を機に休日だけでなく,平日も俊介さんが料理してます)。

 

○『もう早く産まれてきて~』

妊娠後,ますます我儘になった彩香さんでしたが,俊介さんは”産まれるまでの辛抱。あと90日。あと50日”と出産予定日が来ることを指折り数えていたそうです。実際に赤ちゃんが産まれた際は,嬉しさよりも,彩香さんに抑圧された生活からの解放感と安堵感が勝ったそうです。

 

○「俊くんは好きなだけお酒が飲めていいね」

 出産後,綾香さんの我儘の改善や,家事分担の均平化に期待していた俊介さんでしたが,早くも打ち砕かれたそうです。

「俊くんは好きなだけお酒が飲めていいね。私なんて妊娠が分かってから一滴も飲んでない。今,私が飲んだら,華凜(赤ちゃん)が飲酒することと同じだよ。」

専業主婦の彩香さんの家事分担は、掃除と洗濯となったものの、掃除は2週間に1回もせず、犬の抜け毛が溜まる始末。結局、赤ちゃんが食べたら危ないからと、俊輔さんが毎日、リビングの掃除をしてるそうです。華凜ちゃん(赤ちゃん)が産まれて早5か月,彩香さんから2人目をせがまれているそうですが,俊介さんはとても2人目を設ける気にはなれないとか。。。

 

○取材を終えて

昔は,明るくて優しくて,イケメンなお兄さんって感じの俊介さんでしたが,今は死んだ魚の目をしてました。もつ鍋屋でお話を聞いたのですが,話が重すぎて,まったく喉を通りませんでした。”早く離婚した方が良いのでは?”と後輩ながら愚行してます。