素敵女子ライフ

素敵女子めざします!!

傷心インド旅行6日目

ジャイプール目指して、夜行列車に乗ると、

相席のインド人がどこに行くのか聞いてきました。

列車の旅って、こういうのが魅力の一つです。

 

私:「ジャイプール」

インド人:「ジャイプールなんて行くな。ただの砂漠だぞ。リシュケシュに行け。」

私:「リシュケシュ?ジャイプールの近くなの?」

インド人:「違う、インド北部。アグラーで降りて、アグラーからバスで10時間くらいで着くよ。」

私:「もうジャイプール行きのチケット買っちゃってるし。。。」

インド人:「ジャイプールなんて、ここより暑くて最悪だぞ。リシュケシュはガンジス川の上流で、涼しいし、人もいい。リシュケシュにしとけ。」

 

なんだ、かんだ丸め込まれ、リシュケシュに行くことになりました。

朝6時、爆睡してたらインド人に起こされました。

インド人:「アグラーに着いた。」

私:「あ、ありがとう」

列車を降りると、何故か付いてくるインド人。

インド人:「リシュケシュ行きのバスは夜だから、それまで俺の家で休んでいかないか?」

私:「えっ、家ってアグラーなの」

インド人:「そうだ。繁華街にあるから便利だよ。」

私:「ありがとう、でも行かない。」

インド人:「何で、こんな朝早く、どこも開いてないよ。俺の家へ来いよ!!!」

私:「。。。」

 

猛ダッシュ。

インド人 追ってくる。

 

猛ダッシュ。

 

オートリキシャに乗り込んでなんとか巻いた。

 

しかし、アグラーは2日前に来たばかりだし、やることない。。。

7日目に続きます。