素敵女子ライフ

素敵女子めざします!!

傷心インド旅行最終日

インド最終日は、デリーの高級ホテルに泊まりました。

インドの強い日差しと下〇で、ボロボロになった肌を戻すため、

エステに。。。

 

めっちゃオイル塗られて、マッサージしてもらい、

何とか東京に帰れるカラダになりました。

 

飛行機の時間ぎりぎりまで、ホテルでゆっくりして地下鉄で空港に向かいました。

f:id:kabuson2427:20170604234341j:plain

地下鉄めっちゃ綺麗。インドじゃないみたい。

それもそのはず、空港へ行く30分足らずの地下鉄運賃は、アグラーまで5時間の最下流運賃より高かったのです。

インドに来たときは築かなかったのに、2週間でインドの相場間がなんとなく付いたのかも。。。

 

飛行機に乗って11時間。

日本到着。

まず食べたのは、お腹にやさしい「うどん」

f:id:kabuson2427:20170604234800j:plain

日本食って素晴らしい。

 

傷心インド旅行終わり。

 

傷心インド旅行12日目

インド出国の日が近づいてるため、デリーに向かいました。

今度は、最下級ではなく、もう一つ上の指定席を買ったので、

一応座れました。

f:id:kabuson2427:20170604232710j:plain

すれ違った列車の最下流クラスを見ると、よくあれに乗れたなと、びっくりしちゃいます。

f:id:kabuson2427:20170604232835j:plain

もはや、強制収容されてるんじゃないか?レベル。。。

 

そんなこんなで約6時間でデリーに着きました。

特に、予定もないので、お土産を物色しに行きました。

3日間寝込んでたおかげで、お金もいっぱい余っちゃたし。

インドで一番有名なお茶屋さん、「サンチャ」に行きました。

デリー市内の本店で買うと、空港で50ドルくらいする紅茶が

30ドルくらいで買えちゃいます。

 

f:id:kabuson2427:20170604233002j:plain

いっぱい試飲させてもらい、ついついお茶を買いすぎました。

たぶん、インド人の平均月収くらい。

 

13日目に続きます。

 

傷心インド旅行11日目

ちょっとだけ、お腹の調子が良くなったのと、そろそろ日本に帰る日が近づいてきたため、リシュケシュから25キロほど離れたハリドワールに向かいました。

ハリドワールは、バラナシと同様に沐浴で有名な町です。

同じガンジス側でもハリドワールの方が遥か上流に位置するため、水も綺麗です。(バラナシのガンジス川が汚すぎ)

f:id:kabuson2427:20170604231545j:plain

f:id:kabuson2427:20170604231617j:plain

 

ハリドワールに来た目的は、沐浴ではなく、

ドライフルーツを使ったカレーを食べること。

f:id:kabuson2427:20170604231745j:plain

このカレー、全く辛くありませんでした。

ホントにおいしい。

 

12日目に続きます。

 

傷心インド旅行8~10日目

リシュケシュに着いて、早速散策してみると、

ヨガの聖地らしく、ヨガの学校がたくさんありました。

あとはラフティングやバンジージャンプなんかもあり、

群馬県水上町のような感じでした。

 

「涼しいし、汚くないし、もっと早く来れば良かった~」

 

早速、ラフティングに申し込み、開催時間を待っていると、

お腹に異変が。。。

 

これ、ヤバいやつじゃない?

案の定、お腹壊して、下〇が止まらなくなりました。

 

ラフティングどころじゃない。。。

ラフティングは申し込んだものの、

まだお金を払ってなかったので、バックレちゃいました。

 

もう、それどころではなく、トイレがお友達状態。

食欲もなくなり、ほぼ3日間、ホテルで寝てました。

もちろん、ずっと寝てられる訳もないので、

スマホでパズドラのランク上げを。。。

何故インドに来てまで。。。

 

11日目に続きます。

傷心インド旅行7日目

アグラーでは、リシュケシュ行きの夜行バスの時間までダラダラと暇を潰しました。

その後、夜行バスが来ると驚愕しました。

凄くボロい。

しかも、観光用バスではなく、現地人用だこれ。

イスとイスの間隔狭いし、そもそも座席面積小さくない?

これで10時間。。。

死亡。。。

 

なんとかお尻の痛みに耐え、たどり着きましたリシュケシュ。

f:id:kabuson2427:20170604224639j:plain

f:id:kabuson2427:20170604224715j:plain

f:id:kabuson2427:20170604224751j:plain

確かに、涼しい(日本より暑いけど。。。)

しかも、街並みも綺麗でインドっぽくない。

 

8日目に続きます。

 

傷心インド旅行6日目

ジャイプール目指して、夜行列車に乗ると、

相席のインド人がどこに行くのか聞いてきました。

列車の旅って、こういうのが魅力の一つです。

 

私:「ジャイプール」

インド人:「ジャイプールなんて行くな。ただの砂漠だぞ。リシュケシュに行け。」

私:「リシュケシュ?ジャイプールの近くなの?」

インド人:「違う、インド北部。アグラーで降りて、アグラーからバスで10時間くらいで着くよ。」

私:「もうジャイプール行きのチケット買っちゃってるし。。。」

インド人:「ジャイプールなんて、ここより暑くて最悪だぞ。リシュケシュはガンジス川の上流で、涼しいし、人もいい。リシュケシュにしとけ。」

 

なんだ、かんだ丸め込まれ、リシュケシュに行くことになりました。

朝6時、爆睡してたらインド人に起こされました。

インド人:「アグラーに着いた。」

私:「あ、ありがとう」

列車を降りると、何故か付いてくるインド人。

インド人:「リシュケシュ行きのバスは夜だから、それまで俺の家で休んでいかないか?」

私:「えっ、家ってアグラーなの」

インド人:「そうだ。繁華街にあるから便利だよ。」

私:「ありがとう、でも行かない。」

インド人:「何で、こんな朝早く、どこも開いてないよ。俺の家へ来いよ!!!」

私:「。。。」

 

猛ダッシュ。

インド人 追ってくる。

 

猛ダッシュ。

 

オートリキシャに乗り込んでなんとか巻いた。

 

しかし、アグラーは2日前に来たばかりだし、やることない。。。

7日目に続きます。

 

 

傷心インド旅行5日目

インド旅行5日目 は、早起きしてゲストハウスの屋上からガンジス川の日の出を見ました。

f:id:kabuson2427:20170521212151j:plain

この屋上、割と眺めが良く、ガンジス川一帯を見渡せました。

f:id:kabuson2427:20170521212313j:plain

うん???

f:id:kabuson2427:20170521212515j:plain

ここにも??

f:id:kabuson2427:20170521212545j:plain

見渡してみると、結構、屋上で寝てる人が多い。

なんなんだ、この国は。。。

 

その後、性懲りもせず、ガンジス川のあたりを散歩しました。

f:id:kabuson2427:20170521212818j:plain

洗濯してる人も。

f:id:kabuson2427:20170521212852j:plain

ちょっと待て、この量はプロか?

日本でいうところのクリーニング屋さん???

f:id:kabuson2427:20170521212949j:plain

 

その後、夜行列車でジャイプールへ行くために駅ホームに行くと

牛のお出迎え。

f:id:kabuson2427:20170521213105j:plain

絶対おかしいでしょ。

6日目に続きます。